自宅でできる黒ずみ対策あります


自宅でできる黒ずみ対策あります
私は二十代後半からデリケートゾーンの黒ずみが気になり初めました。最初は病気かなと思い随分心配もしました。
ある日の生理終わりかけに毛がナプキンに引っ張られ抜けて、そこが痛くて…たまたま鏡で見たらデリケートゾーンの黒ずみに驚きました。
ネットなどで調べたら黒ずみに効くクリームもあるようですが高いので友達に相談しました。
すると友達からの情報だと、デリケートゾーンの黒ずみクリームを使うより美白効果のある化粧水を使う方が効果があるとの事でした。
友達から教えてもらったので普段から使用している化粧水を使ってみました。化粧水に含まれているトラネキサム酸という美白成分が良いとの事でした。
美白化粧水を塗り初めて一か月くらいしたころには潤いが出てきたことは確かでしたが残念ながら薄くなることはなかったです。
美白成分は確かに良いみたいですが、やはり顔の皮膚とデリケートゾーンでは皮膚の深さが違うみたいで意味はないようです。
かなり後から調べたので気づくのが遅れました。
ひとまず、それなりに出費は覚悟で人気ナンバー1のクリーム買いましたが肌に合わず使わなくなりまして、結局は最初に購入したクリームの半額で、大したことないだろうと期待してなかったクリームが意外と私には合っていたようで少し黒ずみにも効果がありました。
クリーム選びで大事なのは、口コミよりも肌に合うか合わないかだと思いました。
トータル六種類位は私は試しました。
早く厄介なデリケートゾーンの黒ずみを早く綺麗にしたいものです。

お尻の黒ずみを要領良く改善するために欠かせない3ステップとは?!


お尻は1日じゅう履いてる下着で覆い隠されてるので皮膚呼吸がしにくく、常にパンツの生地とも摩擦してる部分でもあるので、古い角質が溜まりやすく黒ずみ発生を容易に促進します。

しかも背中に掻く寝汗のように汗の分泌も多いので、不衛生にしてるとニキビを直ぐに生成し、適切な処置が施されないと跡として色素沈着してしまう恐れもあります。

お尻の黒ずみを解消する手立てとしては、肌に過剰な刺激を与えずにボリューム豊かな泡ソープで皮脂汚れを除く、蓄積した角質は定期的なピーリングをする、美白作用がある保湿クリームで潤いを保つ、この3ステップを欠かしてはいけません。

特にお尻の黒ずみに働きかける石鹸で1つおススメなのは、ロンタルハーバルジェルソープです。

ロンタルハーバルジェルソープは、デリケートラインの脱臭作用もあり、豊富な数の植物エキスでザラつきを残さないサラサラ肌に仕上げてくれるので、乾燥知らずの清潔なヒップラインを長く維持する事ができます。

そしてお尻の汚れを綺麗に洗い流して十分に水分を拭き取ったら、規則的な肌のターンオーバーを邪魔してる古い角質のピーリングを週2,3回のペースで行いましょう。

顔にも使える低刺激のピーリングジェルで十分ですから、古い角質を浮かしながら丁寧に落とし、最後はメラニン色素を漂白する成分が入ってるクリームを塗って仕上げれば黒ずみケアの完了です。

ちなみに黒ずみを美白する成分で一押しなのは、シミ予防でも知られてるトラネキサム酸やプラセンタ、ビタミンC誘導体です。

ただ、これらの成分を複数の化粧品でいちいち補給するのは費用も時間も掛かりますから、まとめて成分配合されてる黒ずみ専用クリームのピューレバールやイビザクリームなどを使って効率的にケアする事をお勧めします。